昨日の地震にはびっくりした\(◎o◎)/!

2012.08.31 16:29|震災
昨日は必至ぶり大きな揺れに驚いて飛び起きました
羊毛フェルトの野鳥さん達は軒並み倒れて落ちてましたが大きなものは大丈夫でした。
あさ、メジロちゃんを踏んじゃいました、ごめんなさ~いしかし羊毛で良かった・・・
久しぶりにエレベーターも止まる揺れに震災のころを思い出しました。

こんな程度の揺れで「うわ~大きいのが来た!まずい!!」とあわてるほど最近地震がなかったんだなぁと実感します。
それにしても部屋の中がしっちゃかめっちゃかになったあの地震のすごさを改めて思い起こします。
今回も心配してメールやコメントくださった方、黙って心配してくれていた方、ありがとうございました

南海トラフ地震の被害想定の記事に西日本の方々も怖い思いをしていることでしょう。
こういう記事が出ると非常持ち出し袋の紹介など防災グッズの紹介がテレビで多くなりますね。

私が思うに、防災グッズも状況によって全然違うと思うのです。

1 揺れが収まっても火事や津波で一刻もはやく逃げないといけない場合

2 揺れが収まったが家屋の状況が悪くて避難所などに行く場合

3 避難せず、ライフラインの断たれた震災直後を自宅で過ごす場合

4 近くの原発が危険な状態になった場合


1の場合は何も持たずに命ひとつ持って逃げないといけないですよね。

2の場合、避難所は比較的食べ物、毛布などは集まるようなので、自分にだけ必須の薬など忘れないようにですね。
長期戦になるかもしれない場合、お薬手帳が有効です。震災時では避難所に医師が回っていっても何の検査もできないことがあります、診察記録もなく、検査もできずに処方箋を書くのは医師にとってもギャンブルのようなものです。
そこにお薬手帳がポツンとあれば・・・こんなものにウソ書いてる人いませんから処方内容が確認できるのです。
薬が切れると命取りになるインスリンとか、ぜんそく薬とか、使用している方は普段か手帳の記録を心掛けておいてください。

3、4は私も体験しました。
3ではなんといっても水が一番大事ですね。水は固まってませんから運ぶのに絶対に容器が必要です。そしてめちゃくちゃ重いです。

トイレ用の水はできればお風呂に水を入れておくようにしたいものです(トイレ1回流すのに5リットル)。
飲み水は非常用折り畳みタンクとペットボトル、水筒で運びました。重いので自転車が重宝しました。自転車がない人は台車やキャスター付きのカバンなどで運んだ方がいいです。でもね、問題はマンションに住んでる人、エレベーターは止まってますから、あんまり大きい容器にたっぷり入れると今度階段でヒーヒー言います。自分で運べるサイズを考えておいてください。

食べ物は、普段の買い置きがそれなりにある場合お菓子なども食べれば一番大変な時期に飢えることはないと思いますが、普段の買い置きが生肉とか冷凍の揚げる前のコロッケなんかじゃだめですよ。一番欲しいのは炭水化物ですが、1日目は炊飯ジャーの中に残っているごはんと調理しないで済む瓶詰とか。炊飯ジャーで保温しないですぐ冷凍しちゃう方もいますが、炊飯ジャーの中に残しておくとこんな時は便利です。1日くらいして調理する気持ちの余裕が出てきたときに絶対にあった方がいいのがカセットコンロです。急に探しに店に行ったって強奪に会ったかのようにどこにもコンロがなくなるのです。つまり便利なんです。うちは麦茶ボトルが割れてコンロ水浸しで!1日目は火がつかなかったの
さて電気の復旧はガスより早いです。電子レンジは重宝します。レトルト食品の出番です!我が家はスチームオーブン付きの新しい電子レンジが転がって壊れて使えなかったの・・・結構落胆しました
電子レンジは大きな揺れでも落ちないように耐震ゲルなどで固定してくださいね!

情報に関してはテレビもパソコンもダメ、携帯もすぐ充電切れでラジオ一本が大活躍でした。
ラジオは必須、電池も。ぐるぐる回すのは疲れていやになります。

後から大容量ソーラー式携帯充電器買いました。IMG_2620_convert_20110729170128_20120831155236.jpg

8時間視聴可能充電式ポータブルワンセグテレビも買いました。
ワンセグ

それから懐中電灯は絶対に入ります。満天の星空が見える都会ってあり得るんですよ、町全体がブラックアウトですから。漆黒の闇だと思ってください。

4についてですが、我が家はいわゆる災害時のバッグのほかに、緊急逃避バッグが作ってあります。福島第一と女川にまたなにかあった場合、私はいいのですが子供を脱出させるためです。

避難所と違って逃避行中、誰も何も配ってくれません。普段使うものから選んでもう1セットずつ用意して入れておきます。衣料については冬用と夏用と衣替えの時に変えておきます。全国版地図も。現金も。
被災地域から出たらまるでタイムスリップしたような普通の町が存在します。←信じられない気分になり頭混乱します。


ただし、日本は災害時、強奪、暴動こそ起きず、助け合いの心に包まれます。
本当に困っていてもみんなで分け合う、助け合うことによって生きていける素敵な国です、きっと。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
| 2012.08 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ギャラリー

プロフィール

kaori***

Author:kaori***
ハンドメイドが大好きな主婦です。
羊毛フェルトで主に野鳥を作っています。『野鳥劇場』はほとんどコントです、楽しんでください。

小鳥の窓

訪問者数

カテゴリ

犬 (7)
馬 (3)

メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

最新コメント

クリックで移動します

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

作品と画像について

等ブログで紹介しております作品、画像の著作権は作者にあります。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

ブログ村

ページトップへ